美甘麗茶 夕食 飲み方

美甘麗茶の夕食の飲み方は?

リラックスする女性

シュガーレスなのに甘い美甘麗茶

美甘麗茶はお砂糖を入れていないのに甘くて、温かいお茶も冷たくしたアイスティーもおいしく飲むことができるのがいいです。

 

朝食のときにも、夕食のときにも飲んでいます。

 

水筒に入れて持ち歩いて、のどが渇いたときに飲むようにしていることもあります。

 

美甘麗茶はいろいろな飲み方ができるので、アレンジをしたものを飲むこともあるのですが、どれも簡単に作ることができるので忙しい朝でもすぐに作ることができるのがいいです。

 

美甘麗茶を冷やしてアイスティーにしたものにオレンジジュースを加えたのがオレンジティー、しょうがを入れたものはジンジャーティー、りんごの皮を煮出して、そのお湯で美甘麗茶を入れたものがアップルティーです。

 

朝食ではアップルティーやオレンジティーを飲むことが多いのですが、夕食のときや夜寝る前に飲むのはジンジャーティーが多いです。

 

飲み方いろいろ

飲み方がいろいろとできるので、そのときの気分で、シンプルにしたり、アレンジをしたものにしたり、お茶を変えることができるのがいいです。

 

食事のときに一緒に飲んでも、食事の味を変えてしまうことがないので、食後でなくても食事の途中でも飲んでいます。

 

時間をどれだけ置いたのかで甘みや色、香りなども変わってくるので、その食事にあわせて濃さを調節するのもいいです。

 

デトックス作用があるお茶だということで、体調が悪いときには飲み過ぎないようにしています。

 

それから、冷え性がひどくなったときにはジンジャーティーを入れて飲んでいます。

 

温かいお茶にさらにしょうがを入れることで体の芯から温まることができるのがいいです。

 

飲み方を工夫するだけでどんなときでも飲むことができるようになるので、毎日飲んでいます。

 

また、夕食や朝食のときだけではなく、間食が食べたくなったときにこのお茶を飲んで甘いものを食べないようにすることもできるので、ダイエットにも役立っています。

 

ダイエットをしているときには間食代わりに美甘麗茶を飲んでいました。